意外に知らない葬儀の常識

葬儀は長い人生において、一度は誰もが経験することです。身内の葬儀だけでなく、友人や知人、ご近所に会社関係など、いろいろなしがらみにより半ば強制的に参加することになります。葬儀とは、積極的に参加したいと思えるような楽しいものではありません。亡くなった人の冥福を祈り最期を見届ける、人にとって最も大切な儀式です。
このような大切な儀式にもかかわらず、葬儀の常識について知らない人が多いのが今の日本社会です。このようになっている原因は、葬儀という死に対してのイメージの悪さが発端です。
誰だって死にたくはありません。いずれ訪れるとわかってはいるものの、なかなか踏ん切りがつかないものなのです。しかし、葬儀に出ると嫌ってほど現実の厳しさを思い知らされます。自分もいずれこうなるんだなと考えると、熱心に葬儀の常識について学ぶ気持ちにはなれないのです。
誰もが葬儀の常識について理解するためには、死のイメージをどうにかしないといけないのかもしれません。死というのは自分の命の終わりを意味します。しかし、本当に終わりなのかどうか確認する術はありません。ひょっとしたらどこかで新たな命として誕生しているのかもしれないのです。このように、死を前向きに考えられるような教えを広めていく必要があるのかもしれません。