葬儀について

葬儀についてですが、一般的に葬儀は高額な費用が発生しますが現在は葬儀会社の会員になり毎月積み立てていく方法で急な出費を抑えることができる制度があり大変便利です。
葬儀社ですが最近は中学校の職場見学を受け入れている事業所もあり以前よりは葬儀社が身近な存在になっています。
葬儀の種類も多様化してきており生前故人が好きだった音楽を流すものや、珍しいものではカラオケを列席者でおこなうものなどもあります。
葬儀参列のマナーも一般的なものに加え、地方独特のものがあり遠方から参加した場合は分からず列席者の顰蹙をかう場合もあります。
現在高齢化社会が進んでおり、葬儀の件数も増えており今後も市場規模が拡大すると思われがちですが、実際は高齢者の葬儀件数が増えていくと葬儀が簡素化されていくと言われています。
また亡くなったかたは病院から自宅までは専用の車両で移送することになっていますが高額な費用が発生するため夜間の場合普通乗用車で移送をする違反をする方もいらっしゃるそうです。
また葬儀社の中には病院と契約し夜間スタッフを常駐させて亡くなった方の遺族に営業をかける事業所もあり遺族は落ち込んでいる間もなく葬儀の準備を迫られます。