葬儀の種類と費用

葬儀に関しては昔からその費用が不明瞭だと指摘されてきました。しかし、最近では一般的には費用も明瞭になり、かつ全体的に費用も少し安くなっていると言えるでしょう。
一般的な葬儀では、その規模によってはまだまだ費用は掛かりますが、安い祭壇で参列者も親族と近所の親しい人数十人の規模なら葬儀社に支払う費用は100万円以下で、別途導師を勤めて頂くお寺さんへの20~30万円程度のお布施を含めて100万円前後でも葬儀を執り行う事も可能です。
最近では一般の葬儀の他に、家族葬も増えています。家族葬と言っても、家族以外にごく近しい人の参列も可能ですが、葬儀に参列する人数が少なく、式場も少人数を前提にして狭い会場となっています。
こうした家族葬でも、祭壇の種類によって費用の異なる何コースかが標準で用意されており、安いものでは50万円以下で葬儀を行う事が可能です。もちろん、こうした家族葬でもお寺さんに導師を勤めてもらえば、別途お布施は必要です。しかし家族のみで、皆が納得すれば、お寺さんをお願いせずに、読経をCDなどで済ませる事も可能です。
また一般的な葬儀や家族葬と言った葬儀を行わず、焼き場で読経と見送りをするだけの直葬という形態も増えています。これなら、葬儀費用は最も少なくて済みます。
様々な葬儀の中で、費用の点もありますが、どんな葬儀を執り行い故人を見送るかは、遺族の考え方次第です。葬儀は遺族の心を癒し、真心でお送りすると言う意味がある事を忘れずに、こうすれば良かったという思いが残らないようにしたいものです。